エムラクリームジェネリック

エムラクリームジェネリック/VIO脱毛の痛みの軽減に効果があります

エムラクリームジェネリックVIO脱毛

キャリアウーマンやオシャレな女性たちの間で、VIO脱毛が注目されています。

 

一般的なのは、テレビで宣伝しているようなエステティックサロンや皮膚科などのクリニックで脱毛してもらうことですが、だいたいの目安として、最低でも医療レーザーで5回〜8回、エステであれば18回〜25回くらいはレーザー照射が必要になります。

 

その際、VIO脱毛でいちばん苦痛なのが、レーザー照射をした後の痛みですよね。

 

すね等の割合皮膚の強い部分でさえ、レーザー照射をした後は痛みが結構ありますから、デリケートゾーンの痛みは相当なものです。

 

 

その場合、クリニックでもエムラクリームを使って痛みを抑えてからレーザー投射を行います。

 

完全に脱毛するには相当な時間がかかりますから、痛みのケアが大事になってきます。

 

医療レーザーを受けたとしても、痛みに耐えられず、光の出力をフラッシュ脱毛並みに低めで設定すれば、通う回数は更に増えます。

 

なので、クリニックやエステで脱毛する方法ですと結構お金が掛かかってしまいますよね。

 

そこで、最近では「家庭用レーザー脱毛器」や「光脱毛器」も品質の良いものが発売されているので、エムラクリームジェネリックを効果的に使って家庭での「完全脱毛」も可能になってきました。

 

エムラクリームジェネリックなら、お手頃な値段で購入できますので、痛みの恐怖を味わうことなく脱毛に専念できます。

 

エムラクリームジェネリックの購入方法も、ご自身で薬局に行って購入する場合、周りの目などが気になりますよね。

 

その点インターネット通販ですと、誰の目にも触れずに自宅まで届きます。

 

デリケートゾーンの脱毛は、Vゾーン以外は一人で処理するのが難しい場所なので、恋人やパートナーの協力を得ながら行いましょう。

 

あくまでも怪我等が発生しても「自己責任」になりますからね。

 

耐えがたい脱毛の痛みを軽減することができるエムラクリームの詳細を次のページから詳しく解説いたします。

エムラクリームジェネリック使用法

エムラクリームジェネリックは、成分としてリグノカインとプリロカインを等量含んでいます。

 

どちらも脳に送られる痛みの信号をブロックするアミド型麻酔剤の1種で、リグノカインはもっともひろく使われている局部麻酔剤です。

 

エムラクリームジェネリックの使用方法の中で最も大事なことは、均一な厚さをキープする事です。

 

以下、一般的な使用方法を説明していきます。

 

患部を良く洗い、水分を完全に拭き取ります。毛を剃ります。患部に化粧をしている場合は落としてください。

 

エムラクリームジェネリックを、1g〜2g程度(1gだとチューブから3.5cm程)硬貨程度の大きさに、患部に塗ります。

 

塗ったクリームが広がらないように、厚さをキープしたままサランラップなどで、塗布したエムラクリームがラップから漏れないようにして覆います。

 

約1時間後にラップをはがして、クリームを拭き取ります。

 

冷却をしながらレーザー照射を行います。

 

脛や脇であれば、塗布した部分をあまり動かさずに済みますが、VIOラインに使用した場合は動かさないように気を付ける必要があります。

 

以上の手順で行いますが、クリームの量が多くなりすぎると副作用の可能性が高くなりますので、あまり厚く塗らないでください。

 

エムラクリームジェネリックの麻酔時間は約1時間〜2時間です。

 

大人の場合は、5時間以内にエムラクリームジェネリックを患部から完全に拭き取ってください。

 

※これはエムラクリームジェネリックの一般的な使用法なので、使用量は症状や目的、体重や血圧によって異なり、塗る時間も使用目的によって異なるため、使用量は医師に相談して下さい。

 

正しい使用法で効果がよりアップするエムラクリームジェネリックをもっと詳しく知りたい方ははこちらをご覧ください

エムラクリームジェネリック副作用

エムラクリームは、1984年にスウェーデンで初めて承認され、世界約70ヵ国(2011年6月15日現在)で承認を取得し、皮膚の小手術やレーザー照射療法時等の疼痛緩和を目的として汎用されています。

 

 

エムラクリームの歴史は、アストラ社(現アストラゼネカ社)が開発したリドカイン及びプロピトカインの共融混合物に乳化剤及び基剤を加えてクリームとした外用局所麻酔剤です。

 

これだけ世界の国々で長い間使用されているだけあって、重大な副作用はあまり報告されていませんが、いくつかの副作用は認められています。

 

重大な副作用

 

(1)メトヘモグロビン血症

 

メトヘモグロビン血症―血液中にメトヘモグロビンが多い状態を言う。

 

チアノーゼを起こす代表的疾患のひとつ。

 

チアノーゼとは、唇や爪が鮮やかな赤ではなく、静脈血のような紫色になっている身体所見を指す言葉。

 

チアノーゼ等の症状が認められた場合には使用をやめて、クリニックに相談してください。

 

(2)ショック、アナフィラキシー様症状(アレルギーが原因)

 

ショック、アナフィラキシー様症状をおこすことがあるので、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、全身潮紅、呼吸困難、血管浮腫(顔面浮腫、喉頭浮腫等血圧低下、顔面蒼白、脈拍の異常、意識障害等の症状が認められた場合には使用をやめて、クリニックに相談してください。

 

 

 

(3)意識障害、振戦、痙攣

 

意識障害、振戦、痙攣等の中毒症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には使用をやめて、クリニックに相談してください。

 

その他の副作用

 

めまい、頭痛、悪心、嘔吐 、皮膚 紅斑 潮紅、蒼白、発疹、接触性皮膚炎、ALT(GPT)増加、倦怠感などの報告があります。

 

いずれにしても、何らかの症状が出た場合は、速やかに皮膚科などの専門医を受診してください。

 

副作用の知識を持てばより効果があるエムラクリームジェネリックをもっと詳しく知りたい方ははこちらを参考にしてください

エムラクリームジェネリック・ダーマローラー

痛みを伴う美容法として「ダーマローラー」があります。

 

ダーマローラーとは、極細の針で肌に見えない小さな穴を無数に開け、その刺激で新しい 肌に入れ代えてハリのある滑らかな肌へと導く治療法のことです。

 

極細の医療用ステンレス針がたくさんついたローラーを肌で転がして、目に見えない程小さな穴を無数に開け、わざと肌に炎症を起こさせます。

 

 

傷を治すプロセスで様々な化学物質が分泌され、コラーゲンが産生され、治療から約3ヶ月程度で肌にハリと弾力が生まれ、つややかで滑らかなお肌へと生まれ変わると言われています。

 

ダーマローラーは、外からコラーゲンやヒアルロン酸を注入するのではなく、自分自身のお肌を再生させる治療なので、より自然な効果が長持ちすると言われています。

 

根本的な肌質改善のための最新の治療で、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)、毛穴開き、にきび跡、加齢に伴うしわ、くすみ、たるみ、その他の肌の悩みを解決すると言われています。

 

※毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

二の腕や肩、太もも、背中などの毛穴に角質が詰まり、ぶつぶつした丘疹(きゅうしん)が発生し、触るとぶつぶつ・ザラザラしていて、丘疹の色は普通の皮膚の色または薄い赤や褐色系の色をしている皮膚疾患。

 

いかにも痛そうな美容法ですが、痛みはあまり伴わないと言われています。

 

しかし、実際施術を受けた人の体験談を読むとほとんどの人たちがかなりの痛みを感じているようですね。

 

肌に針で穴をあけるわけですから、肌表面の神経を傷つけ痛みが発生すると考えるのが自然ですよね。

 

その施術の際、エムラクリームを使用する事で、痛みのケアをしている人が多いようです。

 

ダーマローラーを使用する際に必ず使用したいエムラクリームジェネリックをもっと詳しく知りたい方ははこちらをご覧ください


ホーム RSS購読 サイトマップ